巷で人気のある、セブンイレブンの『金の食パン』を食べてみたっ!もっちりとした食感が溜まらない!

セブンイレブンの金の食パン

あんがい食パンって美味しいんだね・・・

僕は普段からパンという物をあまり口にしません。実はパンがあまり好きではないんです。もっぱら『ごはん派』なのです。

そんな『ご飯派』なハセ坊ですが、先日テレビで、おもしろい特集が組まれていました。何やら最近巷では、コンビニのプレミアム商品が人気があるそうなのです。

その中で紹介されていた、セブンイレブンの『金の食パン』を、実際に購入し食べてみました。

金の食パンの感想の前のあれこれ

セブンゴールド

最近のコンビニでは、プライベートブランドの安さが魅力な商品だけではなく、価格はちょっと高いけど良い商品を提供するプレミアム商品にも力を入れています。

セブンイレブンのPBである『セブンプレミアム』は2007年5月からスタートし、今5周年を迎えています。セブンプレミアムの最大の特徴は、他社の安さを追及した低価格商品ではなく、美味しさなどの品質を追求している所です。

今回の『金の食パン』は、セブンプレミアムの中でも、専門店に負けない味や品質を追求している『セブンゴールド』というラインのアイテムです。

参考:セブン&アイの挑戦

僕は、コンビニで売られている弁当などの食品で、セブンイレブンが好きなんですけど、あなたはどこのコンビニが好きですか?パスタとかおにぎりにしてもセブンが一番好みなんだよなぁ。。。

あ、ちょっと話しがそれてきたので、金の食パンの感想に進みますねw

ご飯派な僕の感想⇒『うん、美味いかもしれない、この食パン』

この食パン、いいね!

では、早速グルメレポート始めるぜ。

セブンイレブンの金の食パン

金の食パンのパッケージはこんな感じ。奥深い甘味と贅沢な食感と書いてある。ご飯派の俺を唸らせてくれるか興味津々だ。

金の食パンのパッケージの裏側

パッケージの裏側。セブンイレブンの『金の食パン』のサイトで製法のこんなこだわりが書いてある。

こだわりの食材

自然でコクのある甘みにするため、北海道産の生クリームと甜菜糖を使用。甘味の奥行きを出すカナダ産はちみつなど、素材を厳選しました。

via:セブンゴールド|セブン-イレブン~近くて便利~

生クリームとハチミツか。確かに原材料に書いてある。

金の食パンの袋を開けてみる

金の食パンの全貌

それでは開封して取り出してみる。うちの家族は、ヤマザキの芳醇を食べているが、パンの形がまるっきり違う。何かパン屋で売られている食パンの形だ。

★『しっとり、もっちり』とした食感

弾力のあるもっちりとした食感にするため、生地はセブン&アイグループ限定仕様のスペシャルブレンドの小麦粉を100%使用。じっくりと熟成し、一つひとつしっかりとこねて成型・焼き型に入れて焼き上げています。

via:セブンゴールド|セブン-イレブン~近くて便利~

上記の説明によると弾力のあるもっちりとした食感が楽しめそうなので、とりあえずトースターで焼かずにそのまま食べてみるとしよう。うん、確かにもっちりとしていて、ほんのりとした甘味がある。だけど僕はバターブレッドのような甘味を期待していたので、ちょっと残念。そもそも食パンなのでこんなもんか。マーガリンなどをつければ美味しいのだろうが、何もつけずに食べるのはNGだ。

金の食パンをそのまま食べてみる

ではトーストに入れてスタート。その間、目玉焼きを作るとしよう。ちなみに目玉焼きの黄身は半熟が好み。黄身を割ってトロトロの黄身と醤油を白身につけて食べるのが溜まりません。

目玉焼き

パンの方も良い焼き加減で出来上がった。表面が程よく焦げていて香ばしい匂いが鼻を通ります。ここにマーガリンをつけて、いざ試食!!

金の食パンのトースト

トーストにマーガリン

これマーガリンつけて食うと美味い!

ここであなたはマーガリンをつければ、パンなら何でも美味いよと思っているかもしれません。でも明らかに違う。甘味の差が僕でも分かります。この食パン、絶対焼いて食べた方が美味いな。焼く事によって、甘味がはっきりしてくるのかな?何度も言うが『金の食パン』は焼くに限る。

トーストの表面

ご飯派の僕もトーストにしてみたら美味しかったので、立て続けに3枚食ってしまった。御馳走様。。。

まとめ

今回『金の食パン』を食べてたけど、セブンイレブンのプレミアム商品って美味しいですね。他にもハンバーグや緑茶なども販売されているので、試してみようかなと思います。低価格な商品は僕も嬉しいし良く買うのですが、味を追求した商品も食べてみたいという欲求もありますよね。何とも我がままなハセ坊です。今回の『金の食パン』美味しゅういただきました^^

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ